カイロの細道

アクセスカウンタ

zoom RSS 今の医療って?

<<   作成日時 : 2016/11/25 18:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 18

待合室にこんな本を置いています。
画像

これらはよく行く書店でも、医学関係のコーナーに平積みにされています。

全て今の医療に対してある種の苦言を呈していてる内容で、医師によって書かれた物です。
生活習慣の見直しに言及しています。
当たり前かもしれませんが、それに様々な不調の原因がある様です。
現在の年間の医療費は何兆円くらいかかっているのか良くは知りませんが、相当な金額でしょう。
不必要若しくは無駄な医療に対して警鐘を鳴らしているようです。

当然ですが不可欠な医療行為は多く存在しますし、技術的にも倫理的にも素晴らしい先生方も大勢おられます。
しかし現状を見ると結果的に、過剰で不必要な物がかなり多くあるように思われます。

最近の私の処の例で、急性の腰痛の方が御来院されました。
私の処に来られる前にある整形外科を受診されていました。
レントゲン検査は通常ですが、そこではMRI検査まで受けられ異常なしとの診断で処置は湿布を渡されたのみ。
痛みも軽減していません。
精査することで隠れていた問題が分かる確立もゼロとは言えませんが、経験でそこまでしなくても診断は出来るのではないかと思いました。
ゲスの勘ぐりかもしれませんが、高価な検査機器があるので償却の為に使用されたのではと。
手前味噌ですが、このケースは姿勢や可動性の検査と触診で骨格の歪みを捜し、そこのアジャストで回復されました(毎回全て簡単にゆく訳ではありませんが)。

ある年配の先生は「今の若い医師は高いオモチャが無いと診断が出来ない者が多い」と苦言を呈されておられました。
最新の医療技術の進歩は目覚しい物だし、その恩恵を受けるケースも有るでしょうが、問診、視診、触診等経験による的確な診断が少なくなってきているのはいかにも勿体無いと思います。

島田カイロプラクティック治療院

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
私の街に、この40年くらいの間にあれよあれよと大きくなってしまった病院があります。今は大学病院と競い合うほど大きくなりました。その病院へ足が痛いと言って行った私の所の社員がいます。直ぐに点滴から始まり、結局細かい検査をしないとと…。その社員さん途中でやめて、近くの外科に行ったら水虫ですって…。こういうのが最近の大きな病院の実態かなって思います。
HT
2016/11/25 21:51
HTさん、コメントありがとうございます。
医は仁術と言いましたよね。
それだから医師は尊敬されたのかも。
お金を儲けるなとは言いませんが、受診する者の利益を最優先すればそんな事は無いのにと考えてしまいます。
受診する側も色々と考えなければいけないのかもしれません。
ヤス
2016/11/26 08:37
ヤスさん、おはようございます。

最近は町の医院でも、触診をする先生が少なくなったように感じます。
特に子どもは症状をうまく表現できないので、よく見て触ってというのが大事だと思うのですが。

それにしても今朝も寒いですね(^_^;)
koji
2016/11/26 09:11
kojiさん、コメントありがとうございました。
私達が小さいころは、町の医院に行くと先生が触診してくれたり、聴診器を当ててくれたりしていましたよね。
それだけでも安心できたのかもしれません。

お互い風邪をひかないように用心ですね。
ヤス
2016/11/27 09:15
私は、具合が悪いとすぐ病院です。
夫83歳、結婚以来インフルエンザに罹っただけ
未だに薬の一錠も飲んでいません〜〜
けど、お子遣い使いすぎて困っています。
死ぬまでに、全部使い果すと申します。
ボケでしょうか?
愛情の問題?

ハッピー
2016/11/29 16:52
ハッピーさん、コメントありがとうございます。
体調不良の時に専門家に相談するのは良い事だとおもいます。
しかし現状は養生の仕方を指導するよりも、簡単に薬を出しすぎる傾向にある様な気がします。
養生法の指導は、現在の医療制度ではあまりお金にはなりません。
我が国の医療制度は優れたものだと思いますが、もう少しバランスがとれたらと感じています。

御主人様、頑健な御身体をお持ちのようですね。
ヤス
2016/11/30 08:29
ヤスさん、こんにつわ。
ウチの父みたいな人はよほどのことがない限り医者には頼らない。姉は病院が好きなので病院絶対派ですけど、私が心配なのは今後、流れ作業的に両端にロボットがいて、病気診断も流れ作業になる・・・ってカンジですかね〜。
なにもかもオモチャがチャチャチャでやってくれるようになりますよ〜。
ちょっと話がズレてしまいました(汗)。
くろねこ・ぷぅ
2016/11/30 10:55
くろねこ・ぷぅさん、コメントありがとうございます。
検査をしてデーターを出し、それに合わせて投薬するだけなら医師の必要性は・・・
考えてしまいます。
流れ作業の医療はイヤだなぁ〜。
医学は日進月歩で発展しているのでしょうが、未だに殆どの事が分かっていないのでは。
診断には鋭い勘と想像力も必要ではないかと思います。
ヤス
2016/12/01 08:21
老人同士が交わす病院での会話
「○○さん最近見ないね」「体でも悪いのかしら」
を、思い出しました。
お互い無駄な事やってる医者と患者って多いんだろうなぁ〜
私は病院はインフルエンザとかウィルス系の確定貰いたい時くらいしか行かないなぁ〜
家族にうつさないよう何が自分に入ってるのかだけ知りたいです。
まるおお
2016/12/05 22:57
まるおおさん、コメントありがとうございます。
以前病院に勤務していた私が言うのもなんですが、あまり近ずかない方が良いのかもしれません。
私の居た病院の院長は、あまり薬を出さない人で「家でゆっくりして、饅頭でも食ってれば治る」等言っていました。
逆にあの先生は薬を出してくれないと不満を言う人達も・・・・。
受診する方も多少意識を変えなければいけないのかもしれません。
ヤス
2016/12/06 08:33
スーパーにお買い物に行く途中知人にバッタリ。
近所の接骨院に行くという。
聞けば足を痛めたので暫らく整形外科病院に
通ったが、痛み止めとシップ薬が出るだけとか。
次は人気の接骨院なので少しは良くなるかも知れません。
ヤスさんのおっしゃること、最もだと頷けました。

慈園
2016/12/09 19:06
慈園さん、コメントありがとうございます。
知人の方、早くご回復されますように。
自分の事を棚に上げて批判ばかりはしておられませんが、今の医療はこれは如何なものかと思えるものがあるのも事実です。
国民皆保険は優れた制度であると思いますが、診療報酬に関係しない医療の大事な部分が無くなってしまうのは残念です。
ヤス
2016/12/10 08:29
私の場合は、待ち時間が長い病院は行かないようにしてます。最近は予約制の病院に行きますが、予約しても待たされることはありますね。本を読みながら待っているので、多少待たされてもその分読書できるからまあイイかと:::
動物病院も予約制なのに結構待たされます。かごの中のぼんは読書もせずじっとしています。そのかわり診察室でかごから出す時は、しがみついて出ようとしません。診察が終わると自分からかごに入ります。出来たネコです。
石五郎
2016/12/14 22:10
石五郎さん、コメントありがとうございます。
私の処はそれほど混んでいないので、あまり待ち時間はありませんが、それでも難しい患者さんの場合はかなり時間を要して、お待たせしてしまう事があります。
一人何分とか決めてやっている訳ではないし、お身体はその時によって状態が違うので、時間が読みにくいケースもあります。
すみません、お待たせする言い訳です。

ぼん様、やはり病院は怖いのでしょうか?
ヤス
2016/12/15 08:19
ぼんは耳がよく汚れるので動物病院に2週間に1回かよっています。耳掃除の間、それはそれは大人しくしていて、イイ子だね〜こんな子が欲しいね〜などと評判なのですが、耳掃除といえども彼にとっては随分と苦痛なのでしょうね。
石五郎
2016/12/17 14:37
石五郎さん、コメントありがとうございます。
ぼん様、耳が汚れるんだ。
立ち耳なのにね〜。
お疲れ様です。
お嬢の時は如何でしたか?
ぼん様の男前を維持するのも大変ですね。
ヤス
2016/12/17 18:57
お嬢はずっと医者いらずで本当に手間のかからない娘でした。最後の1年だけは2度の入院と治療を繰り返し、いっぱしのネコになりました。
そうねんですね〜動物病院でも、ぼんはぼんちゃんって呼ばれてますが、お嬢は「お嬢ちゃん」でも「お嬢さん」でもなく「お嬢!」って呼び捨てでした。ヤスさんも同じだったので面白いなあ〜と思いました。
石五郎
2016/12/18 08:34
石五郎さん。
そうですね、お嬢を丁寧に呼ぼうとしたら「お嬢お嬢様」になってしまい呼びにくいです。
彼女に宜しくお伝え下さい。
ぼん様のご健康お祈り申し上げます。
ヤス
2016/12/19 08:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
今の医療って? カイロの細道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる